Event is FINISHED

【SELF TURN Re Sort】キックオフイベント「働き方=生き方」を考える

Description
SELF TURN Re Sortとは、「働き方=生き方」と捉え、自分自身(oneself)の可能性を最大限に生かせる仕事を探すこと。その過程で、「働き方=生き方」の優先順位を並び替える(Re Sort)こと。

きたる7月22日‘(土)、SELF TURN Re Sortを体現するキックオフ イベントを開催します。当日は、ゲストスピーカーによるトークセッションのほか、全国から自身のキャリアを「Re Sort」とした皆さんが集まります。多様な働き方、生き方と混じり合うことで、自身のこれから、と向き合ってみませんか。
皆さまのご参加をお待ちしております。

+++ タイムテーブル

参加費:飲食費込み3,000円
18時30分 開場
19時30分 トークセッション開始 ※1
20時15分 ワークショップ開始 ※2
22時00分 閉場

※1 トークセッションをご参照ください
※2 ご来場いただいた皆さん同士が繋がりやすくなるよう、ワークセッション形式のお時間を設けさせていただきます。ぜひお楽しみください。

+++ トークセッション
「これからの協働の在り方〜岐阜県中津川市 野外ロックフェスの事例を通じて〜」

+++ 登壇者
[GAKU-.MC]
東日本大震災以降、被災地を中心に日本各地で「キャンドルを灯したアカリ」でライブを行う「アカリトライブ」というプロジェクトを企画運営。
日本各地で行うイベントで観客に、被災地に向けた応援メッセージをキャンドルに書いてもらい、そのキャンドルを福島の人々に贈るという活動を継続して行っている。
地方でのイベントプロデュースの中で、各地の自治体やイベント主催者との交流を通じて、地方ならではの企画の作り方など、たくさんの体験を行ってきた。
イベントを通じて、「日本各地が繋がる」という経験のエピソードをトーク予定。

[松葉泰明]
太陽光発電の電力を活用したロックフェス THE SOLAR BUDOKAN プロデューサー。 2011年に本企画の立案に関わってから、音楽業界と太陽光発電の業界を繋ぐ活動を 行ってきた。2013年から岐阜県の中津川市で同フェスを開催する様になってから、 地方自治体や青年会議所、地元企業などとともに協力し、ロックフェスの運営を実施。 現在は、2018年に関西・北関東などでもフェスの開催を行うべく準備中。 地方ならではの音楽イベントとはどんなモノかという視点でトーク。

[河合佳孝]
人口5,000人からなる岐阜県恵那市岩村町に生まれ幼少期を過ごす。20代のほとんどは 名古屋市に移り、DJ活動・イベントオーガナイズを経験する。 30代からデザイン・企画会社プールを起業し、名古屋市から地元の恵那市・中津川市の デザイン制作を携わる。 2013年に”中津川 THE SOLAR BUDOKAN”の統括として、東京〜名古屋〜中津川の パイプ役をこなし、運営に携わっている。 地方をベースとしながら、クリエイティブな仕事を続けていく事の楽しさ、コツについて トークを展開。

+++ 詳細ページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/selfturnresort

<主催> SELF TURNプロジェクト 
<共催> NPO法人ETIC.
    株式会社スノーピークビジネスソリューションズ
    
株式会社ファイアープレイス

Sat Jul 22, 2017
6:30 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ロックヒルズガーデン
Tickets
入場券 SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
日本, 〒212-0012 神奈川県川崎市幸区中幸町3丁目3−8−1 Japan
Organizer
【SELF TURN】セミナー・イベント
10 Followers